猫で学ぶイデア学

複数の名前を持ち、呼び手ごとに違う顔を見せるイデアは、野良猫に例えることが出来ます。今回は複雑で失敗しやすいイデアとの契約〈サクラメント〉を、猫との接し方で学んでみましょう。

1.バックグラウンドを知る

例を挙げます。

サイファー:契約対象の猫(イデア)。ナンバー3だったが、おひげ伯爵を倒し現在副ボス。魚屋さんから『畜生め』、一人暮らしの女子大生から『にゃーにゃ』と呼ばれている。先日魚屋さんからアジを一匹失敬したところ、濡れた雑巾が頭にヒットした。

おひげ伯爵:ナンバー2の座を奪われたダンディーな猫

虎太郎:ボス猫。不動のナンバーワン。とにかくでかい。犬にかまれて耳がかけている

1

対象イデアのバックグラウンドを知ることは、魔述師〈ロギカ〉として最も大切です。古い書物だけではなく最新の世界情勢から、イデア界の隆盛を学びましょう。例えば、それまで静観していた国が、突然竜の名を冠する兵器を使用した国に対し宣戦布告したならば、前者の背後には『屠竜のイデア』がいると予想できます。

2-1.契約(魔述師〈ロギカ〉として)

供物を用意します。イデアによって好みが違うので、できるだけ喜びそうなものを選びましょう。防御系の魔述や魔具があれば備えておく方が無難です。

2

イデアがやって来たらひとまず歓待します。この時点で供物が間違っていたら最悪死にます。

イデアが満足したら、契約を切り出します。この時、相手が苦手なイデアか、上位のイデアの名前を出しましょう。自分とそのイデアの関係を割り増しで申告するのも有効です。ばれない限りは。

良い例「虎太郎と僕は同じ皿でご飯を食べた仲だよ」

3

「えっ、それはひく」

このように興味を持たせつつ怯ませます。

悪い例「おひげ伯爵の名の下に、契約を求める!」

「おひげ伯爵? あの三下の手先に用はない」

4

この場合ほぼ死にます。これは、勢力図が変わったのを知らないために起きたメジャーなミスです。

2-2.契約締結

使いたい魔述をイデアに伝えます。これで使用できる魔述が一つ増えました。

早速使ってみましょう。

良い例「この泥棒野郎、頭に濡れ雑巾ぶつかれ! 支配せよ(ルール)畜生め!」

5

効果は、泥棒に濡れ雑巾をぶつけることです。しかしあまり汎用性がありません。

さらに良い例「略奪者よ、汚れし水の洗礼を受けよ! 支配せよ(ルール)畜生め!」

6

大なり小なり人は何かを奪わずに生きていけないので、この表現により魔述の効果がある対象が格段に増えました。さらに、雑巾よりダメージはアップしています。

同じ魔述でも論理式〈フォーミュラ〉によって格段に差が生じることが分かったでしょうか。汎用性のためには語句を抽象化するのがコツです。加えてできるだけ短縮することで詠唱の隙は抑えられます。魔述化〈ミメーシス〉は魔述師の腕の見せ所なので、各自考えてみてください。純粋に効果自体を増幅するには別の工夫が必要ですが、それは章を改めて説明したいと思います。

悪い例A「この泥棒野郎、頭に濡れ雑巾ぶつかれ! 支配せよ(ルール)にゃーにゃ!」

悪い例B「犬にかまれろ! 支配せよ(ルール)畜生め!」

この二つの悪い例は、前半の状況と後半の字〈あざな〉の不一致が問題です。使いたい魔述をイデアに伝えた時、このような間違いがあってもイデアは指摘してくれません。不一にも関わらず『支配せよ(ルール)』を結んだ場合、魔力の暴走が起きますので試し撃ちは慎重にしましょう。

 

3-1.契約(弊〈プシケイ〉として)

供物は必要ありません。ある意味貴方自身が供物なのです。

弊〈プシケイ〉になる契約〈サクラメント〉で呼び出されるイデアは大抵激怒しているか無視してきます。早急に諱〈いみな〉を知っていることを伝えてください。諱〈いみな〉は集中力の続く限りイデアに命令が可能です。しかし、イデアとは違い人間は気が緩むこともあり眠る時間も必要です。諱〈いみな〉を知られたイデアは寝首をかくチャンスを伺ってくるので、すぐに契約〈サクラメント〉しましょう。自分の諱〈いみな〉を相手に教え、イデアによってはいくつか課題をこなすことで契約〈サクラメント〉完了です。

9

弊〈プシケイ〉はイデアと対等な関係に近く、イデアには弊〈プシケイ〉を保護するメリットがあるので、魔述を自動的に習得できます。しかし、仮にそれまで魔述師〈ロギカ〉で、他のイデアの魔述を習得していたとしてもそれは使えなくなります。弊〈プシケイ〉は専属契約だということを忘れてはなりません。

8

互いの諱〈いみな〉を持ち合うことで相補性が働き、レジリエンス因子による超回復が可能になります。並びに常人では捉えられない座標に存在するイデアを標的できる理論武装〈オルガノン〉を所持できます。

弊〈プシケイ〉は人間と呼ぶには、あまりに強力な力を持つことになるのです。

 

契約〈サクラメント〉はイデアから持ちかけてくるケースも稀ですがあるようです。買わない宝くじが当たり、舞踏会に行かないシンデレラが見初められる程度の確率ですので、期待するだけ無駄でしょう。

 4.まとめ

実力にあったイデアと契約するのが一番です。

あなたもかわいいイデアと楽しい魔述師生活を送ってくださいね。

7