WHAT's NEW

4章後半をアップデートしました。

クラウンワークス虚実概論
Novel Game for windows

クラウンワークス虚実概論

-――心に傷を負った人専用ノベルゲーム。武器は、本物の脳科学と虚構の魔述。

PTSDに囚われた者には凄惨を愛する神々が寄り添う。無形の死に満たされた世界に本心を語る者はおらず、真実の露呈は心臓をさらすに等しい。故に――神も人も秘密を纏う、曝すに足る誰かを焦がれながら。待ちながら刃を向ける罠を砕け――静謐なる社会実験が、始まる。

世界観

Check Out Our Philosophy

橋良愛久里

はしら あぐり エディプス幣学校2年L組。久世正宗、【御前】らのクラスの担任で、現代文・古文の教師。保守的な他の教師と一線を画す自由な気風は、彼女がこの学校のOGでないことに関係しているのかもしれない。 ただ、その自由は...

弥尋文

  やひろ あや 言葉と脚を封印した娘。橋良愛久里の姉。旧家の畳を這い回ることが彼女の日課だ。それは筆舌に尽くしがたい過去に、その魂が絡め取られている証である。危機を脱したときの偶然を再現し続けなければ、文は壊れてしまう...

【罪業の庭】

庭には妖精がいる。普通のことだ。 都市には妖精がいる。奇妙なことだ。 都市の妖精は慣性を止めることができない。 だから夜歩く。愛する化け物を求めて。傷つけられることを求めて。 登場

ウツミさん

僕たちはこだまを聞く。 こだまは答えではない。   わたくしの反響なのだ。   呼ぶ声と答える声の違いが、彼の正体である。 ただ、それは”今はまだ”と言うことに留意する必要がある。   登場

虚実概論L&F

 ※※クリックすると音声が出ます※※ 大きい画面でプレイする場合はこちら ノベルゲームコレクション(外部サイト)でプレイする場合はこちら(バッジの入手ができます)

僕たちはチでチを洗う

サイファーの実に人外らしい、場違いな行動にはいつも驚かされるが、その日もそうだった。 「おじゃまします」と僕の部屋を訪れた【御前】に、 「鞄の中を検めさせてもらおう」 などと、生活指導の教諭のような台詞を口にしたのだ。 ...

4章:記憶の書き換えを可能とするエングラムセルの人為的発火 ――あるいはヒュドラ

プレイ時間:10時間程度 エンディング数:13 CG数:40枚(背景や差分を除く) 全6章中の4章目。2019年冬に5章頒布予定。 ご購入: 登場人物

【菊理の揺籃】

彼女は、爛れた両腕を癒やす 術を求めている。 強い力を持たないため、忍耐強い 方法で研究を進めてきた。 イデアとしては異質な情の深さが、 人間の協力者が絶えない理由であり、 彼らが散っていく理由でもあった。 温和な性質だ...

1 2 3 4 5