クラウンワークス虚実概論
Novel Game for windows

クラウンワークス虚実概論

-――心に傷を負った人専用ノベルゲーム。武器は、本物の脳科学と虚構の魔述。

PTSDに囚われた者には凄惨を愛する神々が寄り添う。無形の死に満たされた世界に本心を語る者はおらず、真実の露呈は心臓をさらすに等しい。故に――神も人も秘密を纏う、曝すに足る誰かを焦がれながら。待ちながら刃を向ける罠を砕け――静謐なる社会実験が、始まる。

世界観

Check Out Our Philosophy

僕たちはチでチを洗う

サイファーの実に人外らしい、場違いな行動にはいつも驚かされるが、その日もそうだった。 「おじゃまします」と僕の部屋を訪れた【御前】に、 「鞄の中を検めさせてもらおう」 などと、生活指導の教諭のような台詞を口にしたのだ。 ...

4章:アミロイドβの沈着と除去に関わる遺伝子変異ーーあるいはヒュドラ

    2018年8月発表予定

【菊理の揺籃】

  彼女は、爛れた両腕を癒やす 術を求めている。 強い力を持たないため、忍耐強い 方法で研究を進めてきた。 イデアとしては異質な情の深さが、 人間の協力者が絶えない理由であり、 彼らが散っていく理由でもあった。 温和な性...

【屠龍剣】

  歴史に名を残す騎士の中の 騎士は、暴虐へ振るう剣、 涙を庇う盾であろうとした。 けれど涙に混じる毒が、 あるいは竜が、彼を混乱させた。 ただ一つきり守り通してきた 信念はその日を境に捻れる。 後の1700年間、彼はあ...

塔の中の少女 七瀬

  小柄で笑顔を絶やさない彼女は、不自由を受容する。 通学を除いて外出ができない暮らしから自由になること を、笑って諦める。もう何も失わないために。 間違いの無い選択は、いつも父親か世話係が選んでくれた。 しかし小さな秘...

【罪業の庭】 ルチア

  背伸びした子供のように無邪気な彼女の、サイファーへの 強い執着は、強固な自己不信の裏返しである。 イデア達の精神的支柱だった【教授】殺しを間近で視た後、 【罪業の庭】は確かに心に傷を負ったのだ。それはこの イデアの強...

魔述師   ロンブローゾ

    あたかも昼と夜のように、刑事と魔述師 を兼任する彼は、掴み所のない精神と 堅牢な技術を併せ持つ人物である。 いつか昼夜の垣根を払い、より効果的に 治安を守れる日を目指して戦い続けて きた。そのために払った犠牲の分...

御手座(みてぐら) 与一

彼は深く考えないようにしている。元来、その方面の 才能に乏しいのは確かだ。 けれど沈思黙考が掘り当てる内奥の自分は、まるで 血に飢えた獣のようで、それを無意識に封じ込めて もいる。血の臭いが目覚めさせない限り、彼は衝動的...