4章:アミロイドβの沈着と除去に関わる遺伝子変異ーーあるいはヒュドラ


忘却はあらゆる不安の特効薬である。

死が万人の恐怖なら、認知症は人に備わる最後の救いなのだろう。
しかし、忘れられたものは存在しなくなるわけではない。
 
舞台は都市部を離れ、閉鎖された田舎へ移る。
 
七年前、スフィンクス禍のために開催されなかった人馬祭。
主催者の死と共に喪われた祭祀を復活させることが、イデア殲滅の鍵を握る。
村は忘れられていて、だからこそ、情報は残されていた。
ただ、廃忘と縁を持てば、自身も認知外の存在になる危険性がある。
村は秘密に近づくものに同質化を求めるから。
厳重に封印された扉の奥で、過去の秘密は傷口が開くのを待っている。
だが、それ自体も、それがかつて何であったか長い間思い出せていない。
 
2018年8月発表予定