【御前(ごぜん)】と呼ばれる少女


万能の生徒会長であり、雪のように
清浄で冷ややかな彼女は、
久世正宗に対しとりわけ拒絶的だ。
幼い頃の親交は、七年間離れている間に
消滅した。
何が彼女を変えたのか、それとも彼の方が
変わってしまったのか。
理由はわからない。
唯一明らかなのは、彼女が白い躰の奥に
秘密を閉じ込めていること。
そして、その秘密がいつか
彼女を食い破るだろうということ。
真実の救いは、少女を追い詰めその意を挫いた先にある。