【罪業の庭】 ルチア


背伸びした子供のように無邪気な彼女の、サイファーへの
強い執着は、強固な自己不信の裏返しである。
イデア達の精神的支柱だった【教授】殺しを間近で視た後、
【罪業の庭】は確かに心に傷を負ったのだ。それはこの
イデアの強力さゆえに長く隠されてきた。
自分の脚で立てないから寄りかかる対象を求め、
それは自分より確かな存在である【至高の名】
しかいなかった。